2015年10月12日

いわさきちひろさんの展覧会

昨日いわさきちひろさんをはじめとする童話挿絵画家の原画を鑑賞に静岡まで行ってきました。家内と娘とで行きました。いわさきさんが画風を変化させていったのは1960年代になってからだと勝手に思っていましたので、確かめたいような感じで出発しました。結果的には納得をしました。
 私がいわさきさんの絵に初めて接したのは45年位前、高校生の時でした。同級生の女の子に絵葉書を見せてもらった時でした。(当時は、優しいタッチだな、淡い水彩画だな、でも魅かれるなと思いました)彼女もやはり何かをコメントしていましたが、覚えていません。当時の私は彼女と一緒にいることが無上にうれしい初恋状態に浮かれていたからだと思います。
 彼女は所謂名家のお嬢さんでした。でも全然普通でしたのでそれは後に知ることになります。そして私に茶道の相手をさせたり、バレンタインデーの習慣を教えたりなどです。私はすべてに驚き感動しましたが、虚勢を張ったり背伸びをしたりしていました。きっと滑稽だったろうなと思います。
 さて絵を見ているうちに記憶が逆回転してしまい、当時の感傷があふれてきてしまいました。「どうしているのかな、成績よかったなあ。源氏物語に精通していて研究者そして大学の先生になり、著述もしています。独身を通していたと聞いたけどどうだったのかな」 会場内を進んでいく中でさらにどんどん感傷があふれ続けます。 しかし高校卒業後は東京と西宮と離れ次第に疎遠になり、いつしか記憶のタンスの奥深くに埋もれてしまいました。そして今、そう、なんとフラッシュバック!息苦しくなりました。
 2時間ほど鑑賞したのち会場を後にしました。げすな自分を感動させてくださり、胸いっぱいの甘酸っぱい感傷をくれたいわさきさんに心から感謝しながら。家内は絵葉書を購入したようでした。色紙も欲しかったがやめたとのこと。 絵画鑑賞は結構しますが、こんな経験は初めてでした。 つい書いてしまいました。
posted by おそうじ本舗浜松湖東店 at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

後輩に学べ

今日後輩店のSさんに応援を依頼して、キッチンとレンジフードのお掃除をしてきました。まだ2か月めのsさんは私の道具類に慣れないためかちょっと手こずっていました。私としては昔研修で使った道具を用意してあったつもりでしたが、彼にとっては勝手がやや違ったようです。仕上りについてレベルを示し、時間はかかったもののほぼよくできました。他店応援をしながらやっているとのことで、結構苦労しているようです。 迷ったら基本に戻りやり直す姿勢はとても立派でした。私も「こういうようにやってください」と指示しましたが、木調収納やタイル壁、出窓と格子など研修や空室清掃ではできない応用編をやりました。初めての仕事に少し疲れたようでした。自分としては当たり前のようにできても初心忘れず、取り組まないといけないと彼を見てて思いました。
posted by おそうじ本舗浜松湖東店 at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

今日の雑感

今日は西区のあるお寺さんでの作業でした。お掃除機能付エアコン、900o幅換気扇、浴室です。早めに着いたので少し周囲を見てみるといろいろ見つけました。まず側溝の中にはタニシはたくさんいて這った跡が水の中に残っています。正面の桜は満開直前くらい。そこを大き目のリスが枝から枝へと飛び渡っています。大きさからして台湾リスかなと思いました。さぎょうがはじまってから時々鶯の声、上手な奴とまだ下手な奴、トビの声。終了して道具片付けしている時にはチャンス狙いでしょうかカメラ片手の人を見かけました。作業中は気にもかけずその時は「自然豊かだなあ」と思う程度でしたが、今思うとこんな近くで、探してもなかなか見つけられない春と豊かな自然を体感したんだなと思いました。
posted by おそうじ本舗浜松湖東店 at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

おっと危ない、ヒヤリ体験

月曜日でした。ソファーの洗浄業務を終えて帰宅中のことです。信号停車していたところ救急車が後方より来ました。直進の自分を先頭に数台停車だったので右折ゾーンに入って抜いていきました。「救急車が通ります。道をあけてください。ご注意ください」と言ってました。ゆっくりと交差点に進入していきます。右方向の直進車や左折車は皆停車していました。救急車は少し加速を始めました。その時です。右方向から停車中の車をセンターラインオーバーでやり過ごして1台の普通車が減速もせず交差点に入ってきました。私は「だめだ、ぶつかる!」と思いました。救急車のほうが慎重で急停車して事故は回避できました。すれすれでした。ほっとしたと同時に救急車を止めさせた車には無性に腹立たしく、むなしく思えてなりませんでした。火曜日、お引越し退去後の丸ごと清掃の帰り抜け道をとおっていると前方に変な方向に止まっている車があり、警察官が交通整理をしていました。自損事故でした。コンクリート製の農業用水用井戸の基礎にぶつかりひどく壊れています。「気をつけよう」と思ってだけでした。そして今日右折待ち中にバイクが私の右を抜けて対向車線に入って対向車と接触しました。転倒してからの接触なので、ひどいけがはしていないと思いましたが、ミラーは割れ飛び散ったりしています。「大丈夫ですか」と声を掛けバイクを路肩に持っていくのを手伝って現場を離れましたが、こうも続くと「気をつけよう」では済まない気がします。春休みだし、新社会人や転勤で不慣れな人もいるし。  長い独り言になりました。
posted by おそうじ本舗浜松湖東店 at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

百聞は一見にしかず

今日依頼を受け現場調査に行きました。30年経過した木目調化粧合板の洗浄、ワックスがけについてです。お客様は大切にされていて、とても良い素材の床でした。しかしそれなりの素材疲労はあるので、最近のフローリングのような方法はできません。テスト洗浄をして結果をご覧いただき作業方法をお伝えして作業への運びとなりました。私はアルバム、画像などでビフォア、アフターをお見せすることがありますが、やはりテストを目の前でやらせてもらうに勝ることはありません。なぜならテスト結果とともに、技量も見ていただけるからです。
当たり前のことですが、改めて認識いたしました。ありがとうございます。
posted by おそうじ本舗浜松湖東店 at 19:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする